人間関係が面倒で4年間にバイト8つも辞めた僕だからこそ言いたい

こんにちは、アキです。

今でこそ僕は、

1日30分程度の作業で月収40万を稼いでいます。

プレゼン発表を人前でしたり
知らない人だらけの懇親会でも自分から積極的に話しかけられる

初対面の人でも10分以上は余裕で会話ができるようになりました。

 

でも初めからそうだったわけじゃありません。
僕は実は小学校から大学までの期間「コミュ障」だったんです。

それが原因でバイト先で馴染むことができなくて

タイトルにある通り、僕は在学中に8つもバイトを辞めました。

理由はコミュ障だったから。

理由は後に書いていくんですが、平たくいうと
バイト先の人間関係に馴染めなかったからです、、

今でこそ、初対面の人とも会話できますし
初めて参加する懇親会でも自分から声をかけて行くことができるようになりましたが

 

以前は全くそうではありませんでした。

いわゆる、コミュ障だったからです。

 

思い返すとそのきっかけは小学校の頃だったと思います。

小学生の時に、通っていたサッカークラブで
上級生とうまく馴染めず、

サッカーも上手くなかったので

嫌味や悪口を言われて、自分に自信を失いました

 

ストレスを感じすぎて、給食が食べられなくなり

中学、高校へ進学してもいわゆる陰キャラでした。

 

そんな僕も大学に上がり、

いい加減このままではいけないとバイトを始めます。
(学部の都合で現地授業が多く、交通費が余分に必要だったからもあります)

 

コミュ障なんて

数をこなせばなんとかなる!

そう考えてバイトを始めましたが、、、

 

全然コミュ力は上がりませんでした。

 

学部4年間で僕は8つのバイトを始めては辞めを繰り返しました。

 

ジャンルも色々で、

個人居酒屋の調理、個人経営のフランス料理店でホール、
弁当屋(調理、盛り付け)、駐車場の誘導・警備、
コンビニ店員、スーパーのレジ・品出し、
実験室バイト(理系学部だったので)、ゴルフキャディ、薬局のレジ・品出し

などなど

 

なんでそんなにバイトを辞めたのか、

 

はじめにも書きましたが

バイト先の人間関係に馴染めなかったからです。
バイト先のことが嫌になったからなんです。

 

それでも8つもやるなんてすごいって思う人もいるかもしれませんが
そうじゃありません。

学部の関係でお金を稼いでいないと
生活が辛かったから、必要だったからです。

だから本当に辛かったけどバイトは続けてたんです。

 

それだけじゃなく、コンプレックスだった

コミュ障を解消したいって意気込んでバイトやってましたけど

むしろきついことばっかりで
楽しく会話しようと努力したのに失敗ばかりで

頑張った分、余計傷ついてた。

辛かった。

 

 

今考えてみれば、そもそもコミュ障で

会話が苦手な状態で場数を踏んでも
辛い経験するばかりで余計会話が嫌いになります。

 

恋愛に例えてみると

出会いだけひたすら増やしたところで

僕自身の中身がよくない限り、彼女なんてできない。

 

それと同じ感じ。

いきなり会話する回数増やしたところで
自分が成長してなければ大した成果なんて出なくて当然なんです。

 

特に、コミュ障はメンタルが繊細なので
ちょっとした失敗でも、何度か続けば相当凹みます。

 

一回だけでも相当キますね。

 

バイト終わって家に帰ってからも、気持ちは落ちたまま。

明日もそこでバイトがあるって考えるとそれだけで憂鬱でした。

 

ここまで経験したからこそ僕は心底気づきました、、

 

ただバイトをやる、仕事をしたところで

ただ人と会う回数を増やしたところで

コミュ障なんて治らないってことを。

 

それに、いろんな職場を見たからこそ言えるんですが

店長や社員さんの指示が間違ってても
正されることなんてほぼありません。

コミュ障だったからうまく伝えられなくて
辛かっただけじゃなくて

なんかこう、社員さんの理不尽に巻き込まれて
余計嫌でした。

その店で長く勤めてるパートさんの方が、
売れやすい商品だったり、キャンペーンの出し方を知っていても

上は反映させません。

 

何か思うところあっても、ちゃんと主張できなければ

意見がないのと同じ扱い。

 

コミュ障だった僕は
理不尽な指示を受けても、きつい仕事をいきなり言い渡されても

発言できなかった。

結局耐えて、耐えて作業するしかなかった。

 

こっちの表情や態度で気づいてくれるんじゃないかって
淡い期待を持ってましたけど

誰かが気づいてくれるなんてことはほぼありません。

 

みんなが別に冷酷ってわけじゃありません、

それってもう みんなそれだけ余裕がないんです。
自分の仕事で手一杯、仕事だけじゃなく、パートの人は家庭のこと、子供のこと

それぞれがそれぞれで余裕がないから、
必然的に、職場の雰囲気もなんかギスギスする。

 

あれやった方がいいのに、って分かってても
頑張ったところで給料に変化はないから、無難にシフトの時間をやりすごす。

 

時給っていう仕組みからして、人間そう考えて当たり前なんですよね。

客がひっきりなしに来て、忙しい時間帯と

客がほとんど来なくて、店内整理しかすることがない時間帯、

同じ給料だったらどっちのシフトに入りたいか、、、

 

その上、店長や社員さんが理不尽な指示ばっかり出してたら

いい職場環境になるはずがない。

 

そんな環境で、コミュ障がうまく会話できるのか
ハードル高すぎて、きつい、、

そんなところでコミュ障克服って難易度高すぎ。

 

もちろん、全部が全部そんな職場ではないですよ

でも僕が見て来たバイト先は多かれ少なかれそうでした

 

バイトやパートの仲だけいい、ってところはまだ雰囲気いいですけどね。

 

 

コミュ障にとって、
バイトはただでさえ、こんなにも精神的にきついのに

時給は800~1100円、特に僕は茨城の大学通ってたんですけど

茨城は1000円以上の時給なんて滅多にないです
最低賃金が確か700円台。

こんな思いをしても1時間でたったの800円!?

 

バイト初めてまず思ったのは
賃金安すぎってことですね。

 

稼ぐためにたくさんシフト入ったところで
精神的に余計まいるので、マジで割に合わない

コミュ障にとってはバイト出勤するだけで、正直超頑張ってるんですよ

 

甘いっていう人いるかもしれませんけど
本当に出勤するだけで大変なんです

 

こんな感じでバイトで嫌な思いしても

なんとか耐えて耐えて、バイトに行ってました。

 

そんな風にバイトばかりしてた自分に転機がありました

 

ひょんなことからネットビジネスを知ります。
ネットで自分でビジネスして稼ぐ。

 

(怪しい、、)

最初はそう感じました。

ネットだけで1ヶ月に40万稼ぎました!とか
Fラン大学出身の僕でも1日数時間の作業で生活費稼いでます!とか
脱サラして今は会社員時代よりもPCだけで稼いでます!とか

 

いやいやいや、迷惑メールみたいなやつでしょ、どうせ

 

そう疑ってたんですが、
PC一台で、場所も時間も縛られずに稼ぐ。

金銭的にも自由で、嫌いな人がいる職場にいかなくてもいい

人間関係の余計なストレスがない、そこに魅力を感じずには入られませんでした。

 

ネットビジネスを調べまくった結果、僕は

ビジネスのししょーに出会います。

 

ししょーからビジネスの正しい知識を学んだ僕は
youtubeを始めてたった2ヶ月で40万もの収益をあげます。

 

この分野では異次元な成果です。
youtubeに関して言えば、

3ヶ月目で10万円達成とか
6ヶ月で月30万稼いだとか、、、

僕の場合は2ヶ月で40万、チャンネル登録者数は8000人を超え

(今はもう1万人も超えました)

 

ですが、僕がもっとも嬉しかったのは収益じゃありません。

ビジネスを始めて僕は小学生からコンプレックスだった

「コミュ障を克服」できたんです!!

 

これが一番大きかったです。
自分が10人以上の人を雇って事業をできるようになるなって思ってませんでした。

それ以外にも

教え子に指導をしたり、セミナーしたり、懇親会を自分で企画したり
昔だったら考えられません。

 

ネットビジネスを始めることは、僕みたいなコミュ障にぴったりでした。

 

なぜなら、ビジネスを行えば必ず相手がいます。

リアルであれば対面しないといけませんが
ネットなら「モニター越し」でいいんです。

 

コミュニケーションをとるときも
”少し考えてから”メッセージを送ることができる

これが本当に大きかった。

リアルでビクビクしていた僕も、ネットなら安心して場数を踏むことができました。

これまで10代の女子大生〜50代の男性まで、ビジネスを通して関わりました。

 

リアルだったら、会うことすらハードルが高すぎる存在です。

それだけいろんな人と長期的に向き合ってやり取りをした。
その経験が今のコミュニケーション能力の自信になっています。

今ではもう、リアルでも初対面の人と会話ができるようになりました。
知り合いのいない懇親会でも自分から話しかけに行くことができます。

 

生活も実は楽になったんです。

なぜならバイトよりも自分でビジネスした方が圧倒的に稼げるから。

 

バイトって働いた時間に比例して、給料が増えるじゃないですか。
これって言い換えると、休んだらお金増えないんですよ。(当然ですが)

でもネットは違います。
ウェブサイトを作ったとしましょう。

最近僕は深夜0時に寝て7時くらいにおきます。
ウェブサイトはこの時間も働いてくれるんです。
というか僕が何しててもずっと働き続けてくれるんですよね。

遊んでても
飲み会してても
買い物中も

youtubeの動画でもそうです。
僕が30分「コミュ障を脱却する方法」について話した動画をアップします。

再生回数が100回になった=100人に講義をしたことになる

たった一回しか話していないのに、100人に1対1で話したことになるんです。

 

これをレバレッジとかいうんですけど
要はナルトの影分身です。

僕は一人なんですけど、ネットのシステムが僕の分身になって増えて増えて
ずっと働いてくれるんですよ。

 

しかも、オリジナルの僕は休んでていい^^

 

仕組みからしてバイトより稼げて当然なんですよね。

 

そしてこれは、

大学を卒業して就職したサラリーマンにも同じことが言えます。
サラリーマンも休んでたら給料もらえないですよね?

 

この間風邪で1日寝込んだ日があったんですが、
その日でさえ僕は2万円稼ぎました。

 

ビジネスを始めて、
コンプレックスだった「コミュ障を克服」して
バイト時代よりも圧倒的に収益をあげて

 

バイトに忙殺されてた自分に、

なんでもっと早くネットビジネス始めなかったんだって心底言いたい

 

最近、たまたま声をかけてもらった
若手起業家の集まる懇親会で

19歳にして、実業家に見染められて600万を受け取ってる大学一年生
在学中に仮想通貨や投資を始めて、もう食って行くのに困らない21歳
在学中に億単位を稼いで、人生セミリタイアを経験した実業家

 

世の中知らないだけで、そんな人が実はゴロゴロいた

 

始めはバイトが嫌で別の方法はないかって探しただけ、

生活費が稼げればいいやって気持ちで始めたビジネス、、
稼ぐようになって正直調子に乗りました

もういいや、だるいから今日は寝てよ〜

とかしてました

 

でも、自分より年下でそんな成果あげてる人

大学4年間でもう億単位を稼いだ人

 

自分がいかに井の中の蛙か痛感しました。

 

そういう人って、お金持ってるだけじゃなくて
話してるだけですごく魅力的なんですよね

そもそもビジネスって相手に価値を与えたお返しに
お金をもらってるので

そこまで利益をあげてる人って
桁違いな人数に価値を提供してるんです

かっこよくて当然なんですよね

だからこそ今、
僕はもっともっと人に価値を与えられる人になろうと
ビジネスをどんどん勉強してます

自分を変えるきっかけになったビジネスに
もっと早く気づきたかった なぁ

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕は2ヶ月でビジネスで40万稼ぐようになりました。

それをpc1台で達成。

しかもそのビジネスは
自動的に稼ぐ仕組みができています

超うさんくさいやつだなって思いますよね。
僕も最初「ネットで月収100万」とか詐欺だろって考えてましたし
到達できるのはもとから才能がある人だけだと思ってました。

ですが、僕はビジネスが得意だったわけでもなければ、
人前で話すことが得意だったわけでも、
まして文章を書くのが上手だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができ
時間とお金に困らない生活を過ごすようになりました。
精神的にも良い影響をもたらしてます。

やるかやらないか、あとは慣れの世界なんですよね。
どんな人でも稼げるし

知識を得れば誰でも自信を得て稼ぐことができる
僕がたった2ヶ月で40万を稼いだ過程を下記の記事で公開してます

たった2ヶ月で40万を稼いだ僕のモットー
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜