動画を全く作らずにyoutubeで再生回数を倍増させたって信じる?

こんにちは、アキです。

 

僕は、全く動画を作っていないのにyoutubeで再生回数を倍増させたんですが

一体それはどうやったのか、それを話していきたいと思います。

 

まず、僕は全く動画を作っていなかったんですが、
youtubeに毎日動画の投稿はしてたんです。

その投稿するための動画はどう用意したのか、、、、

それは人に頼んで作ってもらってました。

 

いわゆる外注化というものです。
クラウドワークスやランサーズ、シュフティといったクラウドソーシング

ができるサイトで案件を投稿して、募集をかけたんです。

案件に応募してくれたクリエイターさんに
作って欲しい動画の構成を伝えて、納品日まで待つ。

納品された動画を確認し、修正点があったら
その部分の修正依頼をお願いして

そして修正後に投稿する。

 

ちゃんと収益が上がるより前に
できるならどんどん外注化した方がいいですよ。

もちろん、対価としてお金を払わないといけないんですが、
お金を払うだけで、自分の作業時間と労力を大幅に削減できます。

 

ビジネスを始めたてのうちは、人を雇うっていう発想は
なかなか気づかいないですし、必要だt感じないんですが

自分の収益を増やそうと思ったら間違いないく必要です。

ビジネスを始めたてのころは、
僕も自分でやった方が早いって考えてたんですが、

人間は教えさえすればどんどん成長する生き物なので
同じ構成の動画や記事をかくことはできます。

いかに、相手に伝えるかということが鍵になってきますね。

コミュ障だった僕でも、
相手にメッセージを送るまでにネットだと考える時間があるので

なんとか、拙いながらも外注さんを雇い始め

今では、ほとんど指示や修正のお願いをしなくても
こちらの希望する納品物を作ってもらえるようになりました。

 

大事なのは、修正依頼をするたびに何が伝えたりていなかったのか

メモしておくことです。

それを元にマニュアルを作成しておけば、次回新しく人を雇った際に
ほとんど修正の依頼をすることなく作業に当たってもらうことができます。

それに、外注さんを雇うと
圧倒的に作業のスピードが上がります。

1人雇えば倍に、2人、3人と増やせば増やすほど
短時間でコンテンツを作り上げることができます。

サイトやチャンネルを一気に成長させるには外注化は欠かせません。

 

もう一つの大事な点はリサーチです。

相手のニーズをきちんと捉えること。

ウェブサイトで言えば、相手の知りたいこと、悩みをちゃんと把握した上で
記事をかく。

動画で言えば、今受けているコンテンツはなんなのか調べておく。
そのコンテンツのテイストを学び、ライバルの弱い分野でそのテイストの動画をアップする。

すると、短い期間で再生回数が飛躍的に伸び、

チャンネルが成長します。

 

 

今受けているチャンネルやサイト、見る人が求めているものを

はじめに、丁寧に丁寧に拾っていく。

このリサーチが非常に大切です。

 

でも

これをおろそかにしてる人が世の中本当に多いです。

 

恋愛でいえば、付き合いたい人の好きなものをきちんと抑えて

アプローチすることですね。

 

相手の好き嫌いを知らずにアタックするのと
そうでないのとでは、どちらがより成功するか明白ですね。

 

でもビジネスになると意外とみんな出来ていない。

 

逆に言えば、そこさえちゃんと押さえれば
どこの分野でも負けないコンテンツを作っていけます。

 

外注化とリサーチ

これが僕が全く動画を作っていないにも関わらず

動画の再生回数を倍増させた秘訣です。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕は2ヶ月でビジネスで40万稼ぐようになりました。

それをpc1台で達成。

しかもそのビジネスは
自動的に稼ぐ仕組みができています

超うさんくさいやつだなって思いますよね。
僕も最初「ネットで月収100万」とか詐欺だろって考えてましたし
到達できるのはもとから才能がある人だけだと思ってました。

ですが、僕はビジネスが得意だったわけでもなければ、
人前で話すことが得意だったわけでも、
まして文章を書くのが上手だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができ
時間とお金に困らない生活を過ごすようになりました。
精神的にも良い影響をもたらしてます。

やるかやらないか、あとは慣れの世界なんですよね。
どんな人でも稼げるし

知識を得れば誰でも自信を得て稼ぐことができる
僕がたった2ヶ月で40万を稼いだ過程を下記の記事で公開してます

たった2ヶ月で40万を稼いだ僕のモットー
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜