メンタリストDaigo 本: ポジティブチェンジの感想。心理学的自己啓発本

どうも、アキです
中学、高校とで
僕は合計100冊くらい
自己啓発本を読みました。
コミュ障で
がりがり勉強しても周りに追いつけない頭
話し下手
そんな状態だったから
学校帰りに駅の本屋に
行きまくってました
正直すがるような気持ちで
自己啓発の本を
がんがん読んでましたね
おれ、ほんとにダメだわ
まじで変わんないと、居場所がなくなる
悩みまくってました
その頃、
大してお金もないので
立ち読みしまくって
読破してましたw
本屋の人すみません。
まあ、結論から言うと
どれだけ本を読み漁っても
自分って変わらないなって
思うくらい読んだつもりでした
ですが、ほんとに
「つもり」でしたね
今回、メンタリストDaiGoの
「ポジティブチェンジ」を読んで
100冊くらい読んで思った
結論をいとも簡単につかれました。
「自己啓発本で自分は変わらない」
ふと気付いた時、ショックでしたね
学校からの帰りの時間ずっと費やして
気付いた結論が
「いくら読んでもかわんねーや」ってw
時間の無駄かよ
くそ。
でも考えてみれば
自己啓発本がどうして本屋にあふれているのか
買っても買ってもまた書いたくなるのはなんでなのか
それは、
世に溢れる自己啓発本では
自分を変えることができないから。
そうか、他の人も同じか
そう納得したつもりでした
ですが、それを踏まえてDaigoは
この本で
「行動を変えてマインドを変える」と話します。
ほとんどの本は
マインドを変えて行動を変えようというものばかりです。
しかし、DaiGoが言うには
心理学的に言うとそれはナンセンス
行動を変えるからこそ心理、
つまりマインドが変わるという
ショックでしたね
っていうか、嘘だろって思いました
行動を変えたくて考え方から
変えるだろ、ふつうは
え、行動から変えるとかなにそれ
ありえんの?
そんな気持ちで読み進めました。

スポンサードサーチ

Daigoのポジティブチェンジの感想

「行動を変えるからマインドが変わる」
マインドから変えるのは心理学的にはナンセンス。
前書きのこの言葉だけで
インパクトが半端なかったですね。
いままで読み漁った自己啓発書と真逆
いやいやいや、行動変えろっていわれて変えられるものじゃないだろ
でもこの本では
具体的に実践すべき行動を
段階的に解説してるんです
その各ステップでどんな効果があるのかも
ふくめて。
また、この実践内容を
1〜5週の5週間にわたって
どう変えていくかの簡単なカリキュラムを組んでます。
その中でも4週目は
まじでおもしろいです。
4週目は、
超恥ずかしいことを毎日やるというもの。
僕は実際に、
コンビニで本に書いてあったワークを実践しました
ワークの内容は
ネットで罰ゲームとか検索すると出てきます。
ちなみに僕がやったのは
ハーゲンダッツをレジに持って行って
会計の時に
「あたためてください」って言う。
これだけでもけっこう恥ずかしかったんですけど
店員さんによっては
「破裂しちゃうんで、少し蓋開けていいですか?」
「あたため加減がわからないので、
とりあえず10秒やりますね」
なんか
とろけるくらいにしてほしいっていう
真面目な注文にとられたようです。
ですが、これはまだ序章です。
会計をすませてレジを出てから
第2弾があります
コンビニを出たら
すぐまた同じ会計に向かい
自分の顔を指差して
「さっきこんな顔したやつがきませんでしたか??」
店員「え、?あなた、、、じゃないですか??」
「バカモン!そいつがルバンだぁぁ!」
って言って逃げる。
まじで、まじで!
恥ずかしかったです。
店員さんも「え、、何??」
みたいな反応でまじまじと僕のこと見るので
やばいやばいやばい
内心焦りまくり。
超顔熱かったです
真っ赤だったと思います。
いや、えっとまじで
やばかった。
人生生きてきて1番はずかしかったわ。
なんでこんな
アホみたいなことするのかと言うと
DaiGoの言葉を借りれば
「筋肉と同じように心も一度傷つかないと強くならないから」
超恥ずかしいを一度経験すると
人前でしゃべるとか
人に話しかけるとか
挙手して意見を話すとか
それくらいのことは
よゆーになる。
Daigoは学生時代の一時期
はずかしい行動を何度も
意図的にやりまくってたみたいです。
でもそのおかげで
もう人前でもぜんぜん大丈夫になったんです。
これ、ほんとでした。
1回まじで恥ずかしい経験してると
あのときよりは、ましだなって
心にゆとりが生まれるんですよ
いやまじえぐかったんですけど
効果はてきめんですね
東京のコンビニでやったんですが
あのときは店員さんすみません。

メンタリストDaigoの経歴、学歴

メンタリストDaiGoの経歴って
知ってますか?
僕は、あんまり幼い頃の話知らなかったんですけど
彼は、小さい頃いじめられていたみたいですね。
しかもドラマやニュースになるような
ひどいいじめ。
彼自身がメディアで話してたんですが
上履きに画鋲をいれられたと。
しかも、
かかとに画鋲があるときは、
かかとって意外と皮膚の皮が厚くて
そんなに痛くないんだけど
上履きの中で画鋲がころころ
つま先の方に転がってしまって
気づかず上履きを履いてから
しっかり足が靴におさまるように
つま先をこんこんって床で打った
瞬間に
爪と指の間に画鋲が刺さるのは
まじで痛いとか
トイレの個室で水をかけられる時は
1人なら、かけられるって身構えてれば
避けられるけど
3人だと3方向だから避けれない
とか
リアルでほんとに
ひどいいじめに受けてたんだなって
苦しかっただろうなとおもいます。
でも、そんなDaGoにも
転機が訪れるんです
いままでは
ずっと、DaiGo自信の悪口ばかり言われてて
落ち込みながら我慢してた
でもある日
お母さんのことをバカにされた
お母さんのことが大好きだった
DaiGoはほんとに腹が立って
そのとき工作室にいたんだけど
近くにナタがあったから
それを拾って
悪口言ってきたいじめっ子に
向かって投げたんです。
殺してやる!って気持ちで
でも、運動神経がなさすぎて
ぜんぜん届かなかった
ただ、このナタ事件をきっかけに
いじめっ子が
こいつ(DaiGo)はヤベーやつだ
って認識して
もういじめて来なくなったんです。
少年 DaiGoはこれ以来
自分が行動を起こせば世界は簡単に変わるんだ
と気付いて
どんどん行動を起こした結果
慶応大学へ入学し
今では
メンタリストDaiGoとして活躍している。
行動こそが自分を変えると言うのは
DaiGo自身の経験にもつながる
思い入れのある心理学的
トピックだったのかもしれませんね。
僕もどんどん行動をおこして
自分をよりレベルアップさせていきたいです。

スポンサードサーチ

メンタリストDaiGo他のおすすめ本

メンタリストDaiGoの他の
おもしろかった本を最後に紹介します。
超集中力リンク
営業力リンク
です。
超集中力では
15~20分程度しか続かない人間の集中力をいかに
長く、かつ重要な場面で使えるようにするか
食事、運動、睡眠のそれぞれで
どうアプローチするか解説してます
これいいです
とくに作業の合間の休憩の取り方とか
即実践できるんで
仕事のパフォーマンスまじあがります。
しかも心理学の解説があるので
読むだけでもおもしろいです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕は2ヶ月でビジネスで40万稼ぐようになりました。

それをpc1台で達成。

しかもそのビジネスは
自動的に稼ぐ仕組みができています

超うさんくさいやつだなって思いますよね。
僕も最初「ネットで月収100万」とか詐欺だろって考えてましたし
到達できるのはもとから才能がある人だけだと思ってました。

ですが、僕はビジネスが得意だったわけでもなければ、
人前で話すことが得意だったわけでも、
まして文章を書くのが上手だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができ
時間とお金に困らない生活を過ごすようになりました。
精神的にも良い影響をもたらしてます。

やるかやらないか、あとは慣れの世界なんですよね。
どんな人でも稼げるし

知識を得れば誰でも自信を得て稼ぐことができる
僕がたった2ヶ月で40万を稼いだ過程を下記の記事で公開してます

たった2ヶ月で40万を稼いだ僕のモットー
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜